読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトロー採用に参加した話 その4 企業セッション [就活]

 

f:id:nottwitterdao:20170416135909j:plain

 

 集団行動が苦手な人も、そうでない人も、こんにちは。

 

合宿から何度かのミーティングを経たら、企業との顔合わせ、企業セッションでございます。

 

このミーティングを重ねる期間が、実際1番濃いというか、アウトロー採用の大事なプロセスなんですが、そこは人それぞれなので、ぼくがどのように過ごしたかは、ざっと流します。人それぞれの世界です。

 

 

そして企業セッション。

 

ぼくのときは、上の写真のようにテーブルごとに分かれて、企業の方が1人か2人ずつ回ってきて話す、ところてん方式で話しました。

 

どんな企業がいらっしゃるのかは、お楽しみ、ってことで。

 

 

ぼくは幸い、良いチームで臨めました。

 

組んでくれた人には、感謝しています。

 

できればあのメンバーで、もう一度集まりたかったですが、人生は前に進んでいくものですから、そーいうのは野暮ってものですな。

 

 

企業セッションにあたり、自分の中では、「思ったことを話す」ことをテーマに臨みました。

 

既存の就活の形式ばったところがイヤだったので、普通に1人の人として話したかったんですよね。

 

「自分の信じる評価軸を相手も重んじてくれるはずだ」「そうでないなら別に落ちて上等」という気持ちでした。

 

 

 

結果的には、企業の人が見ているポイントは恐らく全然ちがってて、うまくいきませんでした。

 

 

それで、

 

 

「あ、普通の就活じゃない就活も、結局普通の就活と変わらないんだな」

 

 

と悟って、

 

 

普通の就活を、自分を出して取り組むようになりました。

 

 

 

次でまとめます!