中国人と英語で話して

 発音より、言いたいことをちゃんと言えることが大事だなと悟った。

 

"such as you!"とか言っちゃってたしな。そりゃ通じないわ。

 

文を組み立てる速度が遅いから句で話すことになって通じてない。

 

英語がすらすら出てこないと、言いたいことを言う余裕がない。

 

 

なんだかんだで毎日英語耳やってきたが、この辺でおしまいで、

 

瞬間英作文みたいなやつやることにする。

 

 

今までは、たまに英語を使う時も白人と話すことのほうが多くて、

 

彼らのほうが英語全然うまいから、こっちが適当英語でもなんとかなってた。

 

向こうが汲み取ってくれて、会話を成立させてくれてた。

 

でも、中国人とかアジア系だと、向こうも英語へたっぴなことがあるわけで、

 

へたっぴとへたっぴで、マジで言葉が通じない。

 

地獄である。

 

 

 

 

語学山の道のりは、長い。